今では紙書籍も無料で出版できる。驚きのPODサービス4選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
null

Gellinger / Pixabay

今は電子書籍の普及で、昔よりずっと簡単に個人出版できるようになりました。
セルフパブリッシング(個人出版)という言葉も徐々に知られつつあります。

しかし、やっぱり紙書籍を出版したいと考える方も多いのではないでしょうか。
自作の小説を出版したい人にとって、紙の書籍は目標の1つだと思います。

実は、今ではその目標も簡単に達成できるサービスがあります。
あなたが書いた小説を紙書籍として個人出版することも、無料でできる時代なのです!

無料で紙書籍が出版できる理由「POD」

null

Efraimstochter / Pixabay

今まで紙書籍の出版は、出版社主催のコンテストで受賞し書籍化されるか、企画を出版社に持ち込んで書籍化するか、数十万円から数百万円かけて自費出版するか、この3つが主な手段でした。

どれにしても、簡単にできる方法ではありません。
だからこそ紙書籍を出版することは、ある意味では夢のようなものでした。

しかし、今では無料で紙書籍の出版ができるようになっています。
それは「POD(プリント・オンデマンド)」というサービスが普及し始めたからです。

「POD(プリント・オンデマンド)」とは、受注があった時点で、書籍を印刷・製本し出荷するサービスです。

紙書籍を製作するには、紙代や印刷・製本代はもちろん、流通のための輸送費、保管コスト、各所でかかる人件費、広告費など、多くの費用がかかります。

従来の紙書籍出版は、一度に数千冊印刷・製本することで効率化し、諸費用をまとめて低めに抑えていました。それによって利潤を生み出しているのです。
ですから、初期費用の時点でどうしてもまとまった金額が必要になりました。従来の自費出版が高額なのも、それが主な原因です。

ですが「POD(プリント・オンデマンド)」の場合は、注文があった時点で1冊から印刷・製本して出荷します。

書籍代にその紙代や製本費用が含まれていますから、初期費用を用意する必要がなくなるわけです。
製本費用やその他手数料を差し引いた分が印税となって著者のもとに入ります。

まだ大量生産ほど効率的なシステムではないので、一般の紙書籍に比べるとやや割高な値段になりますが、それでも従来の方法と比べれば、1冊の製作費用はかなり低く抑えられるようになりました。

このPODを利用することで、基本無料で紙書籍を出版できるサービスが始まっているのです。

無料で紙書籍を出版できるサービス4選

null

Tabble / Pixabay

それでは、基本無料で紙書籍を出版できるサービスをご紹介します。(順不同)

それぞれの特徴を簡単にまとめてみましたので、参考にどうぞ!

ただし必ずそれぞれの公式サイトで、サービス内容や利用規約をしっかり確認してください。出版契約を結ぶ場合もありますので、きちんと検討することが大切です!

BCCKS

当サイトではおなじみのBCCKSは、無料で電子書籍を作成・販売できるサービスです。

同時に、独自のPODサービスを持っており、作成した電子書籍データを利用して、紙書籍を作成できます。
(参考:BCCKS「紙のBCCKS」<http://bccks.jp/about/bccks_make_pb>)

先日、個人出版した『白亜色の涙1』で試してみました。

『白亜色の涙』は基本設定が新書サイズで、電子書籍としては130ページあります。
マイページの「書斎」の各書籍データ欄にある「紙本作成」ボタンを押して、「表紙および本文のカラー設定」とか「裁ち落とし画像の処理設定」など、ほんの数項目を選択し、作成ボタンを押すと、約40分から1時間で紙本印刷用データができました。

紙書籍として128ページ分のデータ変換処理に約50分前後。それでPOD用のデータが完成です。

販売価格は、書籍サイズとページ数によって決められた印刷・製本代金に、印税分を足した金額を自分で設定できます。
(参考:BCCKS情報局「紙本の価格表」<https://support.bccks.jp/spec/paperbcck/pricelist_paperbcck/

  • 無料で電子書籍も紙書籍も作成・販売できる。
  • ブログを作るような簡単な操作で紙書籍を作成できる。

BCCKSのサービスは、個人出版の敷居を低くするどころか、ほとんどなくしてしまったと思います。

ただし、ISBNの取得は自分で行う必要がある点と、紙書籍の販売はBCCKSでしかできないという点では、AmazonのPODを利用して販売する他サービスより、販売力が低いかもしれません。

電子書籍なら有料サービスではありますが、KindleやKoboを始めとする有力な電子書籍ストア9店に配本できます。

「BCCKS」の詳細は、こちら

NextPublishing出版サービス

NextPublishingは、株式会社インプレスR&Dが提供している、PODを利用した新しい形の出版プラットフォームです。
そのサービスの1つに、基本無料で紙書籍を出版できる「NextPublishing出版サービス」があります。

出版ができる状態のPDFファイルがあれば、登録と使用料は無料!

販売はAmazonのPODサービスで、印刷費と販売手数料を引いた額が印税として支払われる形になります。販売価格の設定次第で、印税率を自分で決められるということですね。

【1冊あたりの印刷費(税別)】
モノクロページ数 × 2.5円 + カラーページ数 × 6.9円+180円 ※どの判型でも同じです。
【販売手数料】
販売価格の40%
【印税】
販売価格 − 販売手数料 − 印刷費
(引用元:NextPublishing出版サービス「よくある質問」<https://open.nextpublishing.jp/author/#qa>)

もともとNextPublishingは出版社向けのサービスですので、著者向けの「NextPublishing出版サービス」でも、有料ですがプロ仕様のオプションがいろいろ選択できます。

特に表紙作成は自分で作るとスキルとセンスが必要で大変ですし、販売にも直接影響してくるので、予算に余裕があるなら一考の余地ありでしょう。

また出版社向けのサービスも運営しているだけに、各出版社へのパイプが太い点も見逃せません。
書籍データの販売登録のときに『「出版社からの出版を希望」ボタン』が用意されていて、出版社に打診することができます。

原稿を持ち込むように出版社にアプローチできるというのは、便利ですし、もしかしたらそこから書籍化の道が開くかもしれません。

「NextPublishing出版サービス」の詳細と登録はこちら

スリースパイス

スリースパイスは、経営や営業支援を行っている会社ですが、POD出版にも力を入れています。

販売できる仕様を満たした完全PDFデータが用意できれば、基本的に自己負担金0!

販売はAmazonのPODサービスで、印税は販売価格から印刷費と手数料を引いた額ですので、自分で調節できます。

販売価格(税抜)=(表紙+本文印刷費)÷〔1-(Amazon手数料50%+著者印税15%)〕
※表紙180円、本文カラー頁6.9円、本文モノクロ頁2.5円で計算してください。
(引用元:スリースパイス「よくある質問」<http://www.3spice.co.jp/amazon-pod/podfaq/>)

入稿用の完全データが難しいという方向けにオプションで作成支援がありますし、Amazonの売り上げ次第では大手出版社への紹介もしてくれるそうです。

出版社への窓口になりうるというのは、小説家を目指す人にとっては魅力的ですよね!

他サービスに比べると、スタッフとの接点が多いのもスリースパイスの特徴といえます。

他サービスは基本的にネット上でデータの入力や入稿を行い、オプションを選ばない限りサービス会社との直接的な接点はほとんどありません。
しかし、スリースパイスの場合は、まず打ち合わせがあり、POD出版の説明があった後、出版契約を結びます。

ネット上ですべて終わるサービスは気楽な反面、不安に思う方も多いでしょう。
そういう面からすると、まず打ち合わせから入るスリースパイスは安心感があるサービスだと思います。

「スリースパイス」の詳細と申込みは、こちら

ムゲンブックス

ムゲンブックスは、デザインエッグ社が運営している書籍作成・販売サービスです。

基本料金は無料。

ブログのようにテキストを入力するだけで紙書籍を作成し、PODサービスを利用してAmazonや全国の書店で販売ができます。
電子書籍も同時に作成可能です。

紙書籍を販売する際にもっとも大きな利点と思えるのは、ISBN(国際標準図書番号)が交付されることです。

運営しているデザインエッグ社が出版社として登録しているため、ムゲンブックスを通して出版された書籍にはISBNが付与されます。

以前の記事、「【電子書籍出版】ISBNと書籍JANコードは必要?」でもご紹介しましたが、紙書籍を一般の書店で販売する場合にはISBNを含めた書籍JANコードが基本的に必要になってきます。

つまりムゲンブックスなら一般の書店でも販売可能なのです。

実際、他サービスはAmazonのPODサービスか、独自の販売路を使いますが、ムゲンブックスは全国の書店でもPODを利用して販売できます。
販売力という点では、ムゲンブックスが一番かもしれません。

またISBNがつくということは書籍として国際的に登録されたことを示します。
ISBNがあるなら、図書館への寄贈だってできますよ。

ただし、ムゲンブックスで出版した場合は、印税が10%になります
電子書籍に比べると低いですが、通常の出版社で書籍化した場合と同じぐらいと考えれば、妥当かもしれません。

また1冊目が10冊未満しか売れていない場合、2冊め以降の書籍を発行するときには登録費用6,500円が必要になります
初出版の書籍が10冊以上売れれば、2冊め以降も無料で出版できるということのようです。
(参考:ムゲンブックス「よくある質問」<https://mugenbooks.com/help>)

ムゲンブックスは姉妹サイトがあり、こちらも便利です。
合わせて利用すると、出版と販売の幅が広がりそうですね。

  • MyCover:表紙作成サービス。¥20,000より。
  • MyISBN:¥4,980のみで紙本を出版できる。(PDFのようなデジタルデータは自分で準備)

「ムゲンブックス」の詳細はこちら

PODサービスを上手く利用して、紙書籍デビューにチャレンジ!

null

jill111 / Pixabay

ほんの少し昔では、紙書籍の自費出版には何十万円もかかり、下手すれば100万円単位も珍しくありませんでした。

それが今では、基本無料で紙書籍を出版することもできます。

大手出版社から出すほどの販売力と知名度は難しいですが、逆にまず紙書籍を出版して、その販売実績を資料として出版社にアプローチすることも可能でしょう。
まず出版。それから出版社へ打診という方法も、これからは多くなるかもしれません。

今はまさに「自由出版の時代」で、紙書籍デビューも、もう夢ではないのです。

スポンサーリンク