小説投稿サイト「カクヨム」の新機能で個人出版が簡単にできる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
null

sik-life / Pixabay

電子書籍の個人出版に興味をお持ちの方々に朗報です!
2018年5月16日、小説投稿サイト「カクヨム」の投稿作品を無料で電子書籍化して、BOOK☆WALKERで配信・販売できるようになりました。
電子書籍の個人出版サービス・ツールとして注目です!

小説投稿サイト「カクヨム」とBOOK☆WALKERの連携

以前、小説投稿サイト「カクヨム」で、「BOOK☆WALKER BWインディーズコンテスト」がありました。
カクヨムの投稿小説からKADOKAWAの電子書籍販売サイト「BOOK☆WALKER」での電子書籍出版につなげる企画で、受賞した小説は、現在も人気作品として販売されています。

この頃から「カクヨムとBOOK☆WALKERは、将来的にもっと連携が深まるだろうな」と予測していた方は多いのではないでしょうか。

その予想通り、今回、カクヨムに新たな機能が実装されました。

カクヨムで投稿している小説を電子書籍化して、BOOK☆WALKERで配信・販売できる機能です!

たった5分で申請終了!簡単に電子書籍化+配信・販売できる!

カクヨムで小説を投稿してあれば、たった5分程度で電子書籍のEPUBデータを作成し、BOOK☆WALKERの著作センターと連動して手続きが行われるようです。
その後1〜2営業日ほどで、配信される仕組みになっています。

もちろん普通にBOOK☆WALKERの著作センターを利用するのと同じように、無料で使用できます。
印税額も同じく販売額の50%。

電子書籍の個人出版はEPUBデータを作るのが第一関門ですが、このカクヨムの機能を使えば簡単に電子書籍化できるわけです。
しかもBOOK☆WALKERで販売申請する行程も、スムーズに手続き可能です。

電子書籍の作成から販売まで、ほとんど苦労なく簡単にできる。
もう個人出版の敷居なんて、無いも同然ですよね。

カクヨムの新機能は、自由出版の時代にふさわしいサービス

null

geralt / Pixabay

このように、今回実装されたカクヨムの新機能は、より簡単に個人出版ができるサービスです。
しかも、BOOK☆WALKERというライトノベル系に強い電子書籍ストアで販売もできます。

小説コンテストで受賞しなくても、何十万円もかけて自費出版しなくても、作品を電子書籍として出版できるわけです。

これからは、さらにセルパブ作家が増えるのではないでしょうか。
何度も言いますが、今は本当に自由出版の時代なのです。

もし興味があったら、ぜひカクヨムからの個人出版に挑戦してみてください!

【参考サイト】
・BOOK☆WALKERの同人誌・個人出版ページはこちら
・BOOK☆WALKER著作センターはこちら
スポンサーリンク